園長先生のお魚クッキング

姫井保育園 副園長です

今日はすみれグループの子どもたちの前で、園長先生がお魚をさばいてくれました。
今日のお魚はイナダ(ブリの幼魚)でした。
20190206_DSC09121.jpg
スーパーで見るお魚と違って、海で泳いでいた姿のお魚です。
目の前で魚をさばいている様子を見る子どもたちは、どんどん姿を変えていく様子に釘付けになっていました。
「うわ~!血が出てる!」「なんか変な匂いがする!」と子どもたちにとって、命を頂く経験は珍しいものだったのかもしれません。
20190206_DSC09125.jpg
さばき終わったアラを順番に触っています。三枚に下ろした姿に恐る恐る手をのばす子もいたり、興味津々でカブトを触っている子もいたり、それぞれの楽しみ方をしていました。
20190206_DSC09134.jpg
目の前で園長先生がさばいてくれたお魚を切り身にして、バターソテーしていきます。
ここからは自分たちでお料理をしていきます。
20190206_DSC09143.jpg
バターが溶けていい香りがしてきたところに、切り身を投入していきます。
やけどしないように気をつけないとね!
20190206_DSC09144.jpg
その頃園庭ではすみれさん以外の子どもたちにもアラを見せてあげました。
少し怖いけど、みんな興味津々です。五感を全て集中している様子がビシビシ伝わってきました。
20190206_DSC09151.jpg
いい具合に焼き上がったようです。自分で焼いた切り身を自分で食べましょう。
20190206_DSC09154.jpg
園長先生も一緒に味見をしています。
「美味しすぎてほっぺた落ちそう~」
「ちょっと苦いね」「苦いのは焦げ目なんよ」
「中が美味しいね」「外のほうが美味しいよ」
と、子どもたちも口々に感想を言い合っていました。
20190206_DSC09157.jpg

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

近況

Posted by himeihoikuen